住まいの豆知識

相当隙間面積:C(c㎡/㎡)

2016.03.25

相当隙間面積:C(c㎡/㎡)とは・・・
総相当隙間面積αA(c㎡)を建物外皮内の実質延べ床面積S(㎡)で除したもの
簡単に言えば、1㎡当りの隙間面積
☆この値が気密性能を表す数値で、省エネルギー基準において、Ⅰ、Ⅱ地域では2.0c㎡/㎡
 その他の地域では5.0c㎡/㎡以下と規定されています。