経営理念

  • 一、共に感動できる商品

    私たちは快適な住空間を実現する為に、一歩先行くオンリーワン商品を提供し、
    私たちとお客様が共に感動、満足できるように、日々創造し続けます。
  • 二、共に感激できる人生

    私たちは共に感激できる人生を歩む為に、共に学び合い、喜びを分ち合える
    真のパートナーとなり、日々成長し続けます。
  • 三、共に感謝できる環境

    私たちは住環境の発展に寄与し続けることで、人類と自然の調和した環境づくりを目指します。
    そして人類と自然が共に感謝できる環境を私たちは日々創造し続けます。

社長メッセージ

人と同じことはしない、が原則。

「人がしていないことを、する。すでに誰かがしていることは、しない」
これは、私が創業以来からずっと大切にし続けているモットーです。
紆余曲折を経ながらも、石川県内で唯一、全国でもまだ珍しい
“自社工場で断熱パネルカットを行うメーカー”として、
今もその第一線を走っていますが、
ただ、原点に立ち返れば、単にモノを売る仕事として
始めたわけではありません。
「地域の工務店や設計事務所が抱えている悩みをサポートしたい」
という想いで、ひとやまちが抱えている課題を解決していくこと。
そして、地域に根差す“ナンバーワン”、“オンリーワン”になろうと
思ったのが、今に至るきっかけです。

求められる前に、進化し続けていく。

ただ、今を生きるわたしたちの時代背景は、ものすごいスピードで様変わりをしています。
これからの3年後、5年後、10年後と、いくつものスパンで将来を見据えてみても、
建設業界の後継者不足や少子高齢化社会、地球温暖化など、
いくつもの課題が、複雑に絡み合いながら山積している。
そういった時代の流れを受けて、わたしたちも絶えず変化をしていかなければなりません。
例えば、工場でのパネル加工を例にとると、
今までの切り方をどう変えれば、ゴミの削減につながるのか、
また、出てしまったゴミをどう再利用すれば、もう一度断熱材に生まれ変わるのか、
このように、問題に対して、自分たちなりの問いと答えを探っていくこと。
それが、これから何より大切になってくると考えています。

ひとを感動させる、モノづくり。

断熱パネルは、家が建ってしまえば、もう誰も目にすることはありません。
しかし、「この家、暖かいな。過ごしやすいな」そうやって体感することができるのは、
まぎれもなく、わたしたちが手掛ける断熱パネルの存在があるからこそ。
目にはみえなくても、たしかに体感できる。
単なるモノとしての存在を越えた、作り手の思い入れや情熱が込められた価値こそが、
ひとを感動させる“モノづくりの醍醐味”だと思っています。
どう感動させられるのか?どう伝えていくのか?
これまでも、これからも、変わらぬ想いを持ち続けながら、日々邁進していきたいと思います。